[芸+] 【野球】横浜DeNA、驚異の客席稼働率96%超! 1試合平均約1000人増で観客動員記録を更新



 3位でのCS進出から日本シリーズ進出、さらには日本一を目指す横浜DeNAだが、今季も観客動員では見事に 球団記録を更新した。  今季、主催71試合(すべて横浜スタジアム)で集まった観客数は197万9446人。横浜スタジアムの客席数は 約2万9000席だが、1試合平均では前年比で約1000人増となる2万7880人を集め、稼働率は96%超に達した。 セ・リーグ6球団の中でも、伸び率+3.5%は1位。毎年話題になる横浜スタジアムの盛況ぶりだが、 今年もそれを実証する数字をたたき出した。  シーズン開幕前、球団幹部は「さすがに200万人は難しい。でも2位でCSに行ければ」とコメントしていたが、 半年で積み上げた数字は、まさに200万人の大台まであと一歩だった。200万人到達までにはあと2万人が 必要だったが、CSへ2位で進出すれば、最低でも2試合開催されるだけに、5万6000人ほど上積みが可能だった。  横浜スタジアムは今年12月から6000席増設の改修工事を実施。2020年2月には完成予定だ。2年連続の Aクラス入りで人気も高まり、チケット入手が困難と言われる横浜DeNA戦。この勢いが2020年まで持続できれば、 一気に年間250万人まで目標が高くなりそうだ。 AbemaTIMES https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171012-00010002-abema-base



Source link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です