➡【松居一代】部落解放同盟や同和や部落利権について



本年5月28日告示の尼崎市議会議員選挙に公認候補【武原正二】(39)が立候補する予定です。5月28日10時~尼崎市内で選挙ポスタ…

source

➡【松居一代】部落解放同盟や同和や部落利権について” への33件のフィードバック

  1. 差別と言う言葉を好んで使う人は、ぼぼ同和の血筋とみてよい。
    同和は、被害者意識が強いし、常に被害者になろうとする。だから下手にかかわり合うと悪者にされる。
    だから差別と言う言葉をよくつかう。差別と言う言葉を使う事により、自分が被害者になれて優位になる。
    同和入学、同和採用、失業保健もすぐくれる。
    差別を利用して利権を謳歌している間は、同和問題は解決しないだろう。

  2. わかるわー
    子供のころ部落なんてまったく知らなかった。差別なんかも知らなかった。部落解放同盟が騒いで知った。
    この人たち自分たちから宣伝してると子供ごころに思った。差別意識無くならないのも分かったよ、利権ビジネスだよね

  3. 応援してます。 インテリヤクザ=元部落民の人が多い=弁護士=代議士=国会議員=NHK+民法=電通=TV放送内容=パチンコ=反日活動家。 いつしか皆さん加担している社会になっていると思います。部落とか同和でいいです日本人なら。次の戦争で一緒に戦える人なら仲間です。 ところでイラネッチケー買います。

  4. 本当に差別を受けてる人、というのと、制度を悪用しようという人が手を組んでいたらどうなる?
    あるいは、同一人物がその立場を使い分けたら?
    そこは切り分けられないと思うね、永遠に。誰だって甘い汁は吸いたいもんだ。

  5. 縄文人と弥生人

    小浜基次「形質人類学から見た日本の東と西」
    『国文学の解釈と鑑賞』二八巻五号
    大陸朝鮮型形質のもつとも濃厚な畿内地区に、もつとも非朝鮮的な形質を持
    つ東北・裏日本型の部落が孤島として介在することは、注目に値する。

    未開放部落の地域分布をみると北九州から近畿、関東あたりまで分布しているが東北にいくと存在しない。ピタリと無くなる。
    http://media.tumblr.com/e53ec929e8e75166f736f2f70a2cd4d5/tumblr_inline_mrp20yKPrA1qz4rgp.jpg
    http://tyanpondai.exblog.jp/iv/detail/?s=23972459&=201504%2F22%2F01%2Fc0361001_1952351.gif
    これに関しては 
    大陸朝鮮型形質のもっとも濃厚な畿内地区に、もっとも非朝鮮的な形質をもつ東北・裏日本型の部落が孤島として介在することは、注目に値(あたい)する。
    おそらくは、婚姻と住居の制限によって内婚率が高く、特異の形質がよく保たれているものと思われる。
    というのがが非常に関連している。

    つまり、水稲稲作以前の日本列島全域に居住していた縄文人に対して朝鮮半島から北九州あるいは出雲を経由して流入してきた弥生系渡来人が
    鉄器をもって駆逐していった。しかし、当時の技術では水稲作は関東あたりが限界だったので東北への侵入は平安期以降になる。
    関東以南に住んでいた縄文系先住民は弥生系渡来人に土地を奪われ狭い居留区に押し込められた。これが現在に続く未開放部落だ。
    東北に未開放部落が無いのは渡来人の武力侵入が後世平安期になって起こったためだろう。

  6. 小浜基次「形質人類学から見た日本の東と西」

    (前略)小浜さんは形質人類学の立場から日本列島の、東と西に住む人びとの差異をいろいろな角度から指摘されておられます。
    その中で私(網野善彦)がもっともショックを受けたのは、朝鮮半島人と、近畿、瀬戸内海沿岸の人びととがきわめてよく似ており、形質上は同じであると指摘されている点です。
    そしてそれに対して、山陰・北陸と東北の人びとと近畿人との差異は、朝鮮半島人と近畿人との違いに比べて、はるかに大きく、
    東北、北陸の人びとはむしろアイヌに近いと小浜さんは強調しておられます。
    これは頭部の特性、短頭、中頭、長頭をはじめ、身体的な特質から導き出された結論ですが、さらに衝撃的だったのは小浜さんの、被差別部落に踏み込んだ発言でした。
    小浜さんは大阪大学の方ですから、ここまで立ち入っておられるのですが、この論文の書かれた時期には、
    被差別部落民は朝鮮半島から渡ってきた人たちだというとらえ方をする人たちが、関西では少なからずあったと思います。
    これに対して、小浜さんはとんでもない誤りで、むしろ部落を差別している人びとの方が朝鮮半島人にそっくりで、
    差別されている被差別部落の人びとは、東日本人、東北北陸型の人びととむしろ形質上はよく似ているとされています。
    小浜さんは被差別部落の人びとが朝鮮半島からきたなどということはまったくの誤りだと強調されているのです。

  7. 差別の定義を法律に書いてないから問題です。
    2012年1月20日に民主党政権が批准した障害者の権利条約の関連で、2014年位成立した障害者差別解消法、差別の定義が細かく付属文書で書かれている。
    もちろん、差別を解消するための合理的配慮も、規定されています。

  8. 部落差別のない土地に生まれ育ったものだから実感湧かない。
    私の土地では「部落」というのは、ただ単に人々の社会群落という意味。
    本来そういう意味だよね。

  9. 部落利権は横山ノック知事も精力的に取り組んでたがつぶせなかった。一部の女が部落利権のごとくいろいろ特別扱いしろと声を大にしているのは……その象徴が女性専用車

  10. 便所や更衣室、浴場のように男女で同じように分けている→区別;女湯だけ施錠管理、女性専用車両のように自分で選べない属性だけ特別扱いは差別

  11. ついでと言ってなんですが、辻本ー関西生コンー沖縄左翼の流れも調べて動画をUPして下さい。沖縄の手登根&我那覇親子にも役に立つと思うので。須田のオジキと有本香さんは森友に絡む産廃ヤクザと同和の絡みを報道特注(右)で語りましたが、あの有本さんでもヒキヒキでした。部落開放同盟に対して引かなかった日本第一党の桜井党首は偉大だなーと思いました。

  12. 就職差別は色々な悲劇を生んできたようですね。所謂「名簿」を購入した企業は、ペナルティと積極的な雇用をしてきたようです。被差別部落の人たちと一般企業で仕事をする機会がありました。彼らは個人的には真面目、優しく、がんばる人達でした。ただ、後ろにある団体を意識させられることがあり(あくまで個人的な感覚です)その時は「掌を返した」という表現が似つかわしい様な「様々な状況」が見られました。逆差別を意識せざるを得ませんでしたね…無論、差別をする側がNGなんですがね。

  13. 道産子なので同和や部落って言葉が差別に繋がるのを大人になって上京するまで知りませんでした。
    大阪に遊びに行った時に地元の友達に色々と注意されて、本当なんだ‥‥と。

  14. 他の地域の事は知りませんが人にいちゃもん付けて喧嘩売って来たり観光客のお姉ちゃん引っ掛けボートに乗せて沖で輪姦したりカーセックの後山の中に裸で放り出したりする奴らがまともな人間ですか?その他色々ありますが差別されて当然!自分達で差別される様にしているじゃねーの。言えば地元の恥部です、恥部が恥部と結婚して恥部を産むからいつまでたっても恥部、何百円の家賃で新築の住宅に住んで生活保護貰ってなんでこんな奴らの生活の為に高い所得税取られなあかんねん頼むから氏ね!

  15. 先日部落について調べていたら、自分の住んでる隣が元部落だと知って驚いた。そんな雰囲気じゃないから。部落地域は雰囲気が違う。空気感でわかることが多いから。私の体験談だが以前、ある引越し業者に依頼したら、作業者は初めから最後までマスクをしており、「サンダルを使わせて欲しい」と言ったり、仕事も雑で家具や床に傷を付けた。作業が終わり、帰るところを窓から見たらお茶でうがいをして道に吐いたり、大変気分が悪かった。それでそこの会社の住所を調べたら大阪市旭区のある部落にあった。 やはり差別されるには、それなりの理由があるよ。 それなりの事をやってるんだ。 今日の話はためになった。また聞きたいなっ。

  16. 大二郎だっけ漢字は、橋本龍太郎さんが総理大臣に成って、同和の方は昔は(赤で)日本国籍は標示されてましたが、良くないと言うことで訂正をなさいました!今は同和の方は市役所の登録は、同じ青色標示で一般は『日本国籍』同和の方は『日本國籍』と旧書体で分類して直ぐに分かるようにしてます。

  17. 橋本龍太郎、橋本大次郎が同和問題に取り組んで、穏和に務めてます、此方の御兄弟は、部落出の方です。岡山県総社市の出身で実家はもう無いです。

  18. 平等を軸とするなら被差別者が《差別だ❗》と叫べば叫ぶ程、軸から乖離していく。ボランティアが《平等❗平等❗》と擁護すればする程 同様に乖離していく。《白色人種×有色人種》《多数×少数》《富裕×貧乏》《障害者×健常者》《地元×余所者》→《基本的人権だけを意識する社会》が出現すれば全ては解消する。では《人間×動物》はどうなのか?自然界の苛烈な《弱肉強食》を人間界では理性により克服したが、では人間は動植物より生物として上位なのか?必要以上の捕食はしない動物と飽くなき欲求をひたすら満たそうとする人類。地球有資源的倫理に解を求めるなら動物の勝ちだ。しかし彼等は主張をしない❗地球上の生物は《平等だ❗》とは言わないのだ。その代わりというか 彼等は自ら進んで《人間社会》に入ろうとはしない❗違う価値観を持つなら、境界線を作り必要以外《当たらず障らず》を固持している。《基本的人権だけ》の世の中が来るまでは、より良い社会環境を求め、移住するか住み分けするのもイイ方法だ❗

  19. 昔は、部落の者に嫌がらせをすることも多く、それを聞いた村の喧嘩上手が嫌がらせをした者がいる村へ襲撃をかけ、それが嫌がらせに繋がり、喧嘩上手が集まって部落内でも鼻つまみ者集団と化し、集団から渡世稼業のエリート排出システムが構築された歴史もあるんだそうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です