【大阪桐蔭vs沖学園】大阪桐蔭、初出場の沖学園に快勝!藤原&根尾がアベック弾 ➤ まとめ


転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1534127558/

888
08_13_11_39_32_214.mp4_snapshot_00.25
08_13_11_41_07_945.mp4_snapshot_01.50

大阪桐蔭、初出場の沖学園に快勝!藤原&根尾がアベック弾/甲子園

 第100回全国高校野球選手権大会第9日第1試合(大阪桐蔭10-4沖学園、13日、甲子園)2年連続10度目出場の大阪桐蔭(北大阪)が、プロ注目の藤原恭大外野手(3年)と根尾昂内野手(3年)の本塁打などで、初出場の沖学園(南福岡)に快勝した。大阪桐蔭は四回から5イニング連続で得点し、13安打10点を挙げて、2年連続で3回戦進出を決めた。

 沖学園が二回に先制。4番・吉村の二塁打と、7番・沖島の右前打などで二死一、三塁にチャンスを作る。8番・三浦の打席で大阪桐蔭先発の根尾が暴投。三走が本塁に生還し、先制点を挙げた。

 追いつきたい大阪桐蔭は四回、3番・中川の中越え二塁打で無死二塁とすると、4番・藤原の適時二塁打で同点。さらに一死二、三塁で打席には7番・石川。ここで、沖学園先発の石橋が暴投し、三走が生還して逆転に成功した。

 1点リードを許した沖学園は直後の五回、この回先頭の6番・森島が左翼スタンドへソロ本塁打を放ち同点にした。その裏に大阪桐蔭は、連打で一死一、三塁とし、3番・中川の中犠飛で1点を勝ち越した。

 再びリードを許した沖学園は六回、途中出場の3番・斉藤が左翼線二塁打で出塁。続く4番・吉村が中前適時打を放ち同点に追いついた。その裏、大阪桐蔭は2安打と死球で二死満塁とし、1番・宮崎の三塁強襲の適時打で勝ち越し。さらに2番・青地の適時二塁打などで一気に4点を加えた。

 勝ち越しに成功した大阪桐蔭は七回、5番・根尾がセンターバックスクリーンに飛び込むソロ本塁打を放った。沖学園は八回一死走者なしで1番・阿部が左越え本塁打を放った。大阪桐蔭はその裏、4番・藤原の2ランで突き放し、試合を決めた。

 大阪桐蔭の根尾は、2本のソロ本塁打を浴びて8回4失点。打ってはソロ本塁打含む2安打2四球と活躍した。打線は、三回まで無安打だったが、四回に2点を奪うと、5イニング連続で得点して突き放した。沖学園は先制し、序盤は優位に試合を進めたが、エースの斉藤が捕まった。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180813-00000539-sanspo-base

805: 風吹けば名無し 2018/08/13(月) 11:39:03.59 ID:lCSHBVhrr
終わったー

811: 風吹けば名無し 2018/08/13(月) 11:39:04.33 ID:agHt0dyT0
オワタ

続きを読む




Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。