しまむらに正念場 立ちはだかる「壁」


衣料品チェーンしまむらの株価が低調だ。足元の業績が振るわないため2018年5月24日に一時、1万1500円と1年9か月ぶりの安値をつけた。その後も反転上昇へのきっかけがつかめず、6月1日には一時、1万830円まで下げた。かつての「デフレの優等生」は正念場を迎えているのか。



Source link

You may missed

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。