ラミレス「ずっと不調ならアドバイスを聞かない選手より聞いてくる選手を優先して起用する」 ➤ まとめ


転載元: http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1528387330/

daldena-20180607-0158-001-p-0

1: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 01:02:10.36 ID:bA+lkWHN0
 ―調子が悪い選手には積極的に声を掛けるのか、見守るのか、どういうスタンスか。

 「状況によると思う。人によっては頑固で、誰の意見も聞きたくない、自分のやり方でやるという人もいれば、
調子が悪くなると誰かのアドバイスを求めているそぶりをする人もいる。そういう人には話しかけたりとかをする」

 (続けて)

 「頑固な選手もいて、アドバイスもいらないし自分の力でスランプを脱すると。それは悪いとは思わない。
ただ、それで結果が出なければ他の人を使うというだけ。やはりアドバイスを求めて、それを聞く選手の方が僕は我慢して使おうかなと思う」

 ―ソトはアドバイスを求めてくるタイプ。

 「よく話しかけてきたりする。彼はオープンな性格で、今までこうしてきたが、今はこうしているという話をしている。
特にセ・リーグとの対戦では調子が良かったが、交流戦で1本もヒットが出ていないので、パ・リーグの投手はこうという話をしている」

https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4686538

頑固な選手って誰やろ

3: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 01:02:57.96 ID:bA+lkWHN0
 ―ソトが打てないのは相手の研究も進んでいるためか。

 「調子のいい時はあまり考えずに、早いカウントでもいい球が来れば積極的に振っていったと思うが、
調子が悪くなるといろいろ考えて簡単な球でも見送りだして、悪い球に手を出すという繰り返しがスランプにつながる。そういったところが原因だと思う」

 ―今年は何人かの選手がスランプで入れ替わったり、我慢して使ったりをしているが、その基準は。

 「基本的には同じような考え方でやっているつもり。それぞれがプロセスを踏んでいる。
ソトに関しては、ヤフオクのソフトバンク戦の3戦目で使わなかったが、そういうことをする時は、前の日に先発じゃないと本人に言う。大和に関しても前日に話をした。
いきなり当日に突然思いついて、今日はソトを使わないとかではなく、前の日にある程度考えて本人たちには伝えている」

 ―梶谷が抹消になったが、状態は。

 「腰痛でプレーはできないということなので抹消した。まだ詳細は分かっていない。チーフトレーナーなどからも報告はない」

4: 風吹けば名無し 2018/06/08(金) 01:04:02.01 ID:Uz6kR0Ed0
部活かよ

続きを読む




Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。