元ペイパルに事業を売った起業家による「Initiative Q」が怪しい・・?仮想通貨をばらまく社会実験継続中



詐欺防止技術Fraud Sciencesを開発し、2008年に米ペイパルに売却したSaar Wilf氏が開発した国際通貨とされる「Initiative Q」のエアドロップ(仮想通貨の無償配布)がSNSを通じ拡散しています。

「早く参加するほどQトークンを受け取る量が増える」「みんな使えば将来価値が高まる」などと、実態のない煽り文句に疑問の声もでています。

Initiative Qの主張

「今日の決済システム (クレジットカード、現金、電信送金) は古く、余分なコストが発生する」 → 「高度でみんなが使うテクノロジーが必要」 → 「みんなが使われれば、Qの価値は数兆ドルになる」 → 「Qに早く参加するほど多くのQトークンを受け取ることを予約できます」。

内容自体は、よくある仮想通貨のエアドロップ(配布)と同じもので、斬新さなどは全く感じられません。

なお、メンバー募集は2019年中旬までで、2021年中旬にかけて決済ネットワークを開発するとのこと。2020年後半から1億米ドル分以上のQを投資家に向けて販売する予定だということです。

【関連URL】
・[公式] Initiative Q

蛇足:僕はこう思ったッス
maskin-bit-2016 通貨と言っておきながら決済システム&ネットワークもなく、技術的な強みもない。期待値だけをあおっているようにしか見えない。仮にこれがフェイクや詐欺ではなく、実態を伴う野心的な取り組みだとするならば、Saar Wilf氏は何を考えているのか聞いてみたい。

The post 元ペイパルに事業を売った起業家による「Initiative Q」が怪しい・・?仮想通貨をばらまく社会実験継続中 appeared first on TechWave(テックウェーブ).



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。