再送英4─6月失業率は1975年以来の低水準、賃金の伸び鈍化



[ロンドン 14日 ロイター] – 英国立統計局(ONS)が発表した統計によると、2018年第2・四半期の失業率は予想外に低下し1975年以来の低水準となった。労働生産性が向上する一方で、賃金の上昇力は弱く、9カ月ぶりの低い伸びにとどまった。欧州連合(EU)離脱が決定した2016年の国民投票後、EU



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。