原油先物は軟調推移、供給増などで10月高値から20%下落



[シンガポール 9日 ロイター] – アジア時間の取引で原油先物は軟調に推移。供給増と世界経済の減速懸念が引き続き相場の弱材料となっている。米WTI原油先物は10月の高値から20%下げている。0125GMT(日本時間午前10時25分)時点でWTIは前日清算値比0.04ドル安の1バレル=60.63ドル



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。