国際宇宙ステーションにあいた穴、宇宙飛行士が親指でふさいでその場をしのぐ



※この記事は2018年9月4日に公開された記事の再掲載です。
ベストじゃないけどグッドな処置でした。
国際宇宙ステーション(以下、ISS)で、壁に穴が空いて空気がもれだすという事態が発生しました。CNETいわく8月28日の朝、乗組員たちは地上の管制センターから「ゆっくりと空気がもれている」という知らせで起床。常にモニタリングをしているセンターは、夜のうちに空気圧が減っていることに気付いたものの、危…



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。