抗アレルギー薬デザレックス、使用期限内全ロットを自主回収



あるAnonymous Coward 曰く、

花粉症などのアレルギー性鼻炎を抑える目的などで使われる抗アレルギー薬「デザレックス」を販売する杏林製薬が、現在流通しているデザレックスの全ロットを回収する(ミクスonline)。

同剤の原薬保管施設が外国製造業者認定を取得していなかったため。同社は手続き上の問題であるため製品の品質や安全性、有効性に問題は無いとしている。

デザレックスは抗ヒスタミン薬の一つで、眠気の副作用が少なく、添付文書にも自動車運転注意の記載がない。国土交通省が「航空機乗組員の使用する医薬品の取扱いに関する指針」で規制していない(つまりパイロットが服用可能な)薬剤の一つである。

昨シーズンは需要超過のため供給不足となり、品薄の時期があったほどの人気商品だ。今シーズンは品薄どころか完全回収であり、国民にとっても不幸な事態となってしまった。

すべて読む

| 医療
|
この記事をTwitterでつぶやく
この記事をFacebookで共有
この記事をGoogle Plusで共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:

来春の花粉飛散量、首都圏では平年の2倍以上との予測
2018年10月05日

「花粉を水に変えるマスク」に対し疑問の声多数、ニセ科学か?
2018年03月16日

ボトックスを使った花粉症対策をうたうクリニックが増加、メーカーの想定外で副作用のおそれも
2018年02月27日

花粉症対策どうしてる?
2017年03月04日

次亜塩素酸ナトリウムを使った首から下げる「空間除菌剤」、消費者庁が使用中止を呼びかけ
2013年02月19日

40年以上販売されていた消炎薬「ダーゼン」、有効性を証明できず回収に
2011年02月22日





Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。