本日2月14日は子爵家出身でノーブルウィッチーズにも推薦されていたアフリカ戦線で戦う小さな力持ち、稲垣真美曹長のお誕生日! ➤anime-jp rss


001_201902140008588c1.jpg

002_20190214000856430.png

001_201902140008570f5.png

「けけケイさん~たたた大変です~!」
天幕の外から真美の声が響く。
「どうしたの、皇国ウィッチはもっとお淑やかにね」
天幕から出て、慌てている真美の頭に手を置いてなだめるが、それでもまだわたわたしている。
一体どうしたのかしら。
「あああ、あの、私」
「うん?」
「背が伸びてます!」
嬉しそうに真美が叫ぶ。
そうだっけ?
頭の天辺から足の先までをじっと見つめて、ちょっと前の記憶を掘り返す。
確か初めて会った時は……ああ、あの時は真っ直ぐ前を見ると視界に入らないぐらい小さかったっけ。
それが今は、同じ目線で頭のてっぺんが見える。
「うん、確かに伸びたわね」
「そうですよね、間違いないですよね!」
成長期なんだ~若いな~。
「これって、アフリカに来たからでしょうか!」
食生活と生活環境の変化? うーん、適度な運動と魔法力の使用、それよりも成長期なのが一番の原因じゃないかな。
陸軍の戦闘服は、少々背が伸びてもあうようにはなっているけど、手甲と脚甲はあんまり成長すると新しいのにしないと。
それとストライカーユニットのバランス調整もしないとね。
そんなことを思いつつ、背が伸びた事を喜んでいる真美を見て、思わず微笑みを浮かべる。
大きくなったと言ってはいるが、どうみてもまだ本来の基準身長には達していない。
扶桑海事変の消耗のせいで、身長基準は一時的に撤廃されたけど。
というか、本当は「豆タンク」のあだ名があるウィッチのせいで撤廃されたのよね。
もの凄い魔法力と戦闘センスがあるのに、背が低いという一点で志願をはねられたあるウィッチが、あれこれ手を尽くして入隊、しかも戦場で大活躍したんだ。
身長基準なんて言ってられなくなるのも仕方ない。

ttp://yamibun.air-nifty.com/blog/2012/02/post-3132.html



024_2018091623044829d.jpg

     ____
   /      \
  /  ─    ─\   実は真美ちゃんノーブルウィッチーズに推薦されていた良いところのお嬢さん!
/    (●)  (●) \  結局アフリカからの転属はご破談になったんだけど、
|       (__人__)    |  その次にお鉢が回ったのが他ならぬが主人公「黒田那佳」
./     ∩ノ ⊃  /  ある意味クニカちゃんがノーブルに参加する遠因を作っちゃんたんだね
(  \ / _ノ |  |
.\ “  /__|  |
  \ /___ /





Source link