検審申立という第2幕が始まりました – 八木啓代



5月31日、検察が森友事件に関する一連の告発について、「まとめて不起訴」を出しました。この「まとめて不起訴」という対応そのもので、はじめからまともに捜査をする気もなければ、本気で起訴する気もなかったということが明らかであったと思います。だって、たとえ被疑者が同一であったとしても、(1) 大量の公文書を捨てたと佐川局長が国会で抜かした件(2) 多数の公文書を改ざんしていたのが朝日のスクープでバレた件…全文読む



Source link