独経済、第3四半期に0.3%前後縮小した可能性=IfW



[ベルリン 2日 ロイター] – キール世界経済研究所(IfW)は2日、第3・四半期のドイツの経済成長率について、0.3%程度縮小した可能性が高いとの見方を示した。同国で新たに導入された排ガス測定基準「国際調和排ガス・燃費試験法(WLTP)」の影響で、自動車業界の生産が減少したことが縮小の主因とみて



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。