米商務省、ZTEに7年間の部品輸出禁止を発表。対イラン・北朝鮮違法輸出につき、繰り返し虚偽の供述のため ➤まとめ




米商務省は、中国通信機器大手ZTEへの米企業による部品輸出などを7年間禁止すると発表しました。イランや北朝鮮に通信機器を違法輸出していた件につき、同社が虚偽の報告を繰り返していたのが理由とのこと。

ZTEは有力なAndroidスマートフォンメーカーの一つであり、製品には米クアルコムやインテルなどのチップが採用されています。禁輸措置は2025年3月15日まで続き、同社の事業や関連企業に深刻な影響を与える可能性があります。ZTEはこれを受けて「米商務省による今回の発表が全社に及ぼす潜在的な影響の範囲を評価し、関係者と連絡を取り合っている最中である」とのプレスリリースを4月17日付けで発表しています。



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。