米雇用統計、10月は25万人増 賃金の伸び9年半ぶり高水準



[ワシントン 2日 ロイター] – 米労働省が発表した10月の雇用統計は、非農業部門の雇用者数が25万人増となり、市場予想の19万人増を上回った。失業率は労働参加率の上昇にもかかわらず49年ぶりの低水準となる3.7%を維持したほか、賃金の伸びは9年半ぶりの高水準となった。労働市場の一段の引き締まりが



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。