米FRB、「ストレス資本バッファー」の見直し検討=副議長



[ワシントン 9日 ロイター] – 米連邦準備理事会(FRB)のクオールズ副議長(金融規制担当)は9日、将来の経済ショックに備えて銀行に確保を義務付ける「ストレス資本バッファー(SCB)」の内容について、あらためて提案する考えを示した。ワシントンで開かれた会合で述べた。またクオールズ氏は、規制当局が



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。