翁長知事が死去。辺野古移設に反対し続けた沖縄県知事 ➤まとめ



膵臓がんの治療中だった沖縄県の翁長雄志知事が死去した。67歳だった。8月8日、沖縄タイムス朝日新聞デジタルが報じた。

翁長知事は4月に膵臓がんの手術を受け、5月15日に県内の病院を退院した。退院直後の記者会見では、ステージ2の膵臓がんとの診断を受けたと発表していた。

しかし、7月30日に再入院。謝花喜一郎副知事は8月8日に記者会見を開き、意思決定が難しい状況になったため、職務代理を置くと発表した。肝臓へのがんの転移が見つかり、8日朝に意識混濁になったという。

翁長知事は1950年生まれ、那覇市出身。米軍・普天間基地の名護市辺野古への移設に反対を訴え続けた。7月27日には、普天間基地の名護市辺野古移設に関し、前知事による埋め立て承認の撤回に向けた手続きを進めると表明していた。





Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。