財務省 森友 文書 | 小西洋之vs小野寺大臣🔴【国会中継】🌛沸騰ヤカンに大臣が棒読み対応ww 2018年5月24日-侍News ➤youtube



小西洋之vs小野寺大臣 【国会中継】 沸騰ヤカンに大臣が棒読み対応ww 2018年5月24日-侍News □侍ニュース○オススメ動画 安倍首相×昭恵夫…

source

22 thoughts on “財務省 森友 文書 | 小西洋之vs小野寺大臣🔴【国会中継】🌛沸騰ヤカンに大臣が棒読み対応ww 2018年5月24日-侍News ➤youtube

  1. 【最新】ロシアも本格的に参戦した危険度MAXの中東戦争の即刻停戦・中東戦争の影響で原油価格の急騰で中東の成金たちと、そしてロシアの狙い通りだ。 自己破滅も辞さない大量殺戮を教義とする狂信集団を挑発して不安定な政権下の中東諸国で戦争を誘発してきた軍産複合体は、戦争を長引かせる為に、敵の勢力、複数のテロリストたちにも裏で巨額な資金及び軍隊を提供していた。 バシャール・アサドの微笑んでいる姿を見た日本の政治家の先生がたは、米の爆撃後のシリアは、平和になったと思い込んでいる。 原油採掘権の保持目的のロシアの意向でバシャール・アサドは、化学兵器の使用に調印した後、何度も自国民に対して化学兵器を使用したので大勢の小さな子供たちが亡くなった。
     それらの根っこは、軍産複合体の影響力が強く影を落としているので、化学兵器をアサド政権が使用した証拠が出てもバシャール・アサドを強く糾弾できないのだ。
     イスラエル、シリア、アラブ諸国などの中東諸国の首脳陣の平和宣言とは、全く逆の現状で中東戦争は、大量爆撃やミサイル攻撃の応酬でさらに激化している。  米国がシリアを爆撃後、アサド政権は、自国の反アサド政権の軍隊を爆撃で、シリアの内戦は、さらに悪化した、殺害した敵兵の心臓を取り出して食らっている。
     フランス軍、英国軍、米国軍も参戦しているイスラエルの二正面作戦では、ロシア軍がイラン、イラクの軍隊を率いてイスラエルを攻撃している、そしてサウジvsイエメンでミサイル攻撃の応酬合戦となっている。 中東戦争は、急激に激化して世界的な大きな戦争へエスカレーションの道を辿ったので、やがて世界中は、恐怖と混乱のスパイラルに飲み込まれてしまった。
     誤爆が多発した湾岸戦争では、保護区域と地図に明記の学校や病院などの公共施設にテロ組織の潜伏情報があったので爆撃後、誤爆謝罪が繰り返されたのだ。
     複雑化した中東戦争は、ムスリム系過激派部隊も各地で参戦しているので捕虜になった兵士たちは、首を狩られる。 そして接近戦に参加した兵士たちは、みずから以外は、全て敵と認識して戦闘を行っているので常に同士討ちのリスクを伴った。
     夜の闇に隠れて待ち伏せていた「隠密行動で一切の通信も行わない」特殊部隊は、テロリストたちを次々と殲滅した。 やがて激戦区となり、特殊部隊は、砂嵐の影響で全く姿の見えない敵と銃撃戦になったので弾道だけが夜の空に響いていた。 砂嵐も去り夜が明けてみると、なんと別の部隊と同士討ちになっていたのだ、負傷した兵隊たちが動けずに広範囲にちらばっていたのでお互いに救護活動をとった。
     テロリストたちは、物資の陸上輸送部隊を恰好の的(まと)として必ず襲撃した、そこで全ての輸送トラックの中に大量の爆発物を仕掛けてテロリストたちが目前まで接近したら爆発させた。
     人間センサーも役に立たない中東で、砂漠のテロリストたちの戦闘手段は、砂の中に長期間にわたって隠れる事で奇襲相手を待つことだ、小さな洞窟の中に大勢のテロリストたちが潜伏していた例もあったので、上空からの発見もできず、テロリストたちの奇襲に米軍は、何度も厳しい状況に陥った。
     戦闘地域を走り抜ける数十台のバスの軍団が米軍のヘリから見えた。 戦闘地域を迂回して非武装地帯の難民キャンプへ向かっていた数十台のバスの軍団は、テロリストたちにジャックされた。 そして、ジャックされたバスの軍団は、戦闘地域の中を走り抜けた後、米軍基地のゲートを突破して次々と自爆して大破した。
     中東戦争では、テロリストたちを幾度も殲滅させても、また新しいテロリストたちが幽霊のように現れては、奇襲攻撃をかけてくるので永遠に厳しい戦いは、終わらない。
     そして、戦闘が長く続いて人権への配慮も無くなった地域では、善意の維持資金を浮かせる目的で難民キャンプに突然、現れた民兵などによる暗黙のうちに虐殺の歴史は、無残にも繰り返された「逃げ延びた人々や目撃者たちの証言が無ければ、虐殺の事実は、隠蔽された」ので、難民キャンプの国際的な監視は、強化された、UNHCRでは、日本からも派遣された医師団などが複数の難民キャンプの援助をおこなっている。
     人の両腕の長さ程の巨大なスパイダー「蜘蛛」を体中に這わせて遊んでいる兵士たちを見かける中東地域では、巨大化した生き物たちが多く生息しているが、それらの様子をCGで再現した動画がアップされているので全てが作り話しと思えないアフガニスタンのたたかいでは、米兵たちの目前に巨大な宇宙船が突然、出現した。 そして、たくさんの小さな飛来物が飛び交って、ヘリ部隊の行く手を阻んだので、ヘリの搭乗口に乗り出した狙撃手は、飛来物にめがけて機銃掃射したが、狙撃手のはなった弾丸は、飛来物をすり抜けたらしい。
     山岳地帯のキャンプで駐屯していた部隊では、ある夜に、大きな黒い物体が突然現れて兵士たちが骨ごと食べられてしまった。 駐屯部隊を救援に向かった兵士たちが丘の向こう側で目撃したのは、大型重機程の大きさ程の巨大アリたちが、むれをなして三日三晩行進していた光景だった。
     アフガニスタンの住民も近寄らない地域では、洞窟から背丈が十メートル程の緑色の巨人が現れては、兵士たちの手足をもぎながら食らっていた。 特殊部隊の機銃掃射でもびくともしなかった巨人は、攻撃ヘリからの高射砲を何度もあびて倒れた。 その後、眠らされた巨人は、米軍が空輸して持ち去った。
     既に、ロシアも本格的に参戦した中東戦争などの脅威に対抗して米は、【第二艦隊を発足させた】が、激化した中東戦争は、エスカレーションして世界中、もちろん日本も巻き込まれるようになる。
     米は、中国の南沙諸島の攻撃及び北朝鮮への爆撃へ二正面作戦を準備している。「現時点では、米vs中どちらが強いかでデモンストレーション中だ」 北朝鮮の国内で不穏な動き・入手した情報が正しければ、暴動が各地で勃発の可能性もある。 やがて中国の支援した反キム政権による暴動を牽制で米は、北を爆撃、キム政権が亡命後、中国にそそのかされた北朝鮮は、米本土を核攻撃をしようとしている。 そして日本も内緒で核兵器を保持するようになる。

  2. 小野寺防衛相だけに限ったことでもないけどずっと官僚の書いた答弁書読んでるだけなんだよな。

  3. 民主主義という言葉よく言うね。( ´∀` )
    国会を欺きって( ´∀` ) 人に辞職って( ´∀` ) 意味わかりません。
    小西さん、国民を欺いているのは貴方ですよ~

  4. 100人に一人の割合の国民の代弁者が議員に成れてしまうのは選挙制度の問題が大きい。
    議員の数も多すぎるからクズが通ってしまう。

  5. 国民のための議論ではなく、小西議員個人のための議論をしているようにしか見えない。
    こんな議員は、国民には必要ない!

  6. また小西の脳内妄想で、与党バッシングか!時間の無駄、審議拒否のほうがマシに思えてきた。悲しいけれど、これ本当なのよね。

  7. 亡命まだぁ?日本にいてくれるな、亡命を切に希望します、国民の敵はもう去って下さい。議員報酬がそんなに欲しいですか

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。