ECB、金融安定へのリスクに目をつぶるべきでない=専務理事



[フランクフルト 12日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)のラウテンシュレーガー専務理事は12日、ECBは自身の超緩和政策に起因するものも含め、金融安定に対するリスクに留意する必要があると強調した。専務理事は「ECBは金融安定へのリスクに目をつぶることはできず、そうすべきでもない」と述べ、「金



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。