ECB理事会の決定、非常に緩やかな正常化示唆=ベルギー中銀総裁



[ブリュッセル 14日 ロイター] – 欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、理事会から一夜明けた14日、ECBが景気支援的な施策を徐々に縮小する一方で、過去最低の政策金利に関するスタンスを再確認したことは、金融政策の正常化をゆっくりと緩やかに行うことを示唆すると指摘し



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。