Cintiq Pro 16の4K表示問題が解決。ワコムが改良型変換アダプタ付属の新版を発売 ➤まとめ



大手ペンタブレットメーカーのワコムが、液晶タブレット『Wacom Cintiq Pro 16』と『Wacom Cintiq Pro 13』の新バージョンを発売しました。同社Web直販であるワコムストアにおける価格は、新Pro 16(DTH-1620/AK0)が18万1440円(税込)、新Pro 13(DTH-1320/AK0)が13万8240円(同)と、旧版と同じです。

これら新版(モデル名の「/A」が目印です)での改良点は、付属のディスプレイ信号変換アダプタが改良され『Wacom Link Plus』(ワコムリンクプラス)となった点。とくに4K解像度に対応するPro 16では、従来モデル付属のWacom Linkでは不可能だった、アダプタを介した4K解像度表示をついに公式サポート。多くのPC、とくにデスクトップPCでも性能を発揮できる仕様になりました。なお、ワコムリンクプラス単体版も近日発売予定とのこと。



Source link