MRデバイス「Magic Leap One」開発者版、ついに発売 ➤まとめ



hylom 曰く、

MR(Mixed Reality、混合現実)デバイスを手がけるMagic Leapが初の製品「Magic Leap One」の開発者版「Magic Leap One Creator Edition」を発売した。価格は2,295ドル(約25万円)から。ただし購入できるのは米国の一部都市在住者のみで、日本での入手は難しそうだ(Mogura VRの記事
ITmedia NEWSの記事)。

ゴーグルとコントローラ、腰に装着する本体で構成されている。CPUにはNVIDIAのParkerベースSoC(CPUコアは2+4、GPU部はPascalベースで256CUDAコア)、RAMは8GB、ストレージは128GBでバッテリ駆動時間は最大3時間。ゴーグル部分はVR/MRゴーグルとしてはコンパクトだが、眼鏡の上からの着用は不可とのこと。そのため、別売で度入りレンズも提供されるようだ。

現在のところ、米国本土の一部都市限定で購入可能となっており、対象都市は日々追加されているとのこと。そのため、米国本土在住者は対象都市以外でも予約が可能となっている。

すべて読む

| ハードウェアセクション

| テクノロジー

| ハードウェア

| デベロッパー
|
この記事をTwitterでつぶやく
この記事をFacebookで共有
この記事をGoogle Plusで共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:

AT&T、MRデバイス「Magic Leap」の販売権を取得。今夏にも発売へ
2018年07月18日

謎のARベンチャー「Magic Leap」がついに製品を発表、来年出荷へ
2017年12月22日

具体的な商品が明かされていないのに数百億の資金を集める「Magic Leap」
2015年01月22日





Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。