Netflix、撮影現場などでセクハラ防止対策として5秒以上見つめてはいけないなどのルールを導入 ➤まとめ



米Netflixがセクハラ対策として「5秒以上見つめるのは禁止」「不適切な振る舞いに対しては叫ぶ」「長い接触禁止」「同僚の電話番号を聞いては行けない」「一度断られたらデートに誘わない」「いちゃついてはいけない」などのルールを定めたそうだ(朝日新聞Mail OnlineIndependent)。

これらのルールは同社が制作するドラマシリーズ撮影に関わるスタッフに対して出されたという。

すべて読む

| ニュース
|
この記事をTwitterでつぶやく
この記事をFacebookで共有
この記事をGoogle Plusで共有
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ストーリー:

pixivの社長、セクハラで提訴される
2018年05月31日

Twitterで「女性に対してAEDを使うとセクハラで訴えられる」というデマが広がる
2017年12月26日

シリコンバレーの社員パーティでは雰囲気を良くするために社員を装った美男美女モデルが派遣される
2017年12月20日

SiriとAlexaがセクハラ質問に毅然とした態度をとるよう、プログラム変更を求める署名運動
2017年12月10日





Source link