TOEICスコアが日本より150点も高い韓国でも、英語が話せるとは限らない



<大学入試に民間試験を導入すれば本当に英語を使いこなせるようになるのか?> 日本での入試制度が大きく揺れている。2020年から導入される予定だった大学入学共通テストの英語への民間試験の導入が延期となった。このニュースはすでに連日報道されているのでご存じの方も多いだろう。 「ヒアリング」と「リーディング」が主だった英語入試試験に、今回「スピーキング」と「ライティング」を採点基準に加わえ、さらにTOEFLや英検などの民間試験の点数が採用されるシステムに変わろうとしていた。しかし、一部地域では開催していない試験があったり、経済的余裕がないと何度もテストを受けることが出来ないなど、平等性について反対意見も多かった。 そんななか、10月24日に萩生田文部科学相が語った「身の丈発言」が炎上、これが決定打となって、2024年まで導入は見送られることとなった。この騒動の一番の被害者は、大人たちに振り回される結果となった学生たちだろう。 苛烈な受験競争の韓国では? お隣の国、韓国は教育熱心でよく知られている。当然、英語教育にもかなり力を入れており、英語の早期教育も盛んだ。2000年ごろからは、物心の付き始めた子供が母親とともに英語圏の海外に移住し、一人残った父親が韓国から送金する「キロギアッパ(雁父さん)」が現れた。小学校から大学卒業まで別々で暮らすため、韓国に戻ってきたころには父子の絆が薄まっていたり、寂しさから父の自殺が増加したりと、社会問題となってもいる。 TOEIC Program を開発しているEducational Testing Serviceが今年発表した2018年度の国別受験者スコアを見てみよう。990点満点中、アジアではフィリピンが727点でダントツ1位だが、フィリピンはもともとアメリカ植民地だったので英語が日常で使われている為、この結果もうなずける。アジア第2位の韓国は673点で日本の520点を大きく引き離している。 もともと韓国は儒教思想が根強く教育に厳しいお国柄ではあるが、なぜ日本とこのような153点もの差が生まれてしまったのだろうか? TOEIC 国別平均スコア(2018年)一般社団法人国際ビジネスコミュニケーション協会のデータをもとに作成 ===== ソウル市内にある語学学校。アイドルの広告とともに人気講師の写真も通りを飾る 韓国の過熱する英語教育 IMF通貨危機後の2000年ごろから韓国の英語学習熱は一気に高まり、2007年ごろには留学ブームのピークを迎えた。韓国国内への不安があるなか、若者やその親たちは海外への就職に目を向けた。また韓国企業もグローバル化が進むにつれて語学に長けている人を採用するようになった。少子化が進むにつれ、教育にお金をかける親が増えたことも英語教育に力を入れた理由の一つだろう。 大学でも学生に英語の資格取得を積極的に推奨している。筆者はソウル芸術大学の映画学科に入学した。もちろん授業の大半は韓国語なのだが、英語の教材や英語の記事、英字新聞の映画レビューを授業に取り入れる教授も多く、また字幕なしでの欧米の映画の試写も行われた。韓国で映画の勉強しているのにもかかわらず、韓国語ではなく英語に頭を悩まされるとは思わなかった。これは韓国に留学した日本人では珍しい話ではなく、一般の大学に行った日本人留学生からもよく耳にする悩みだ。 また、芸大卒業後、映画で有名な韓国の某大学院に映画で編入した同期生は、修了条件の一つがTOEICで既定の点数をクリアすることだった。彼は海外に行く予定などないのにも関わらず、自身の短編映画を監督する傍ら、必死に英語の勉強をしなくてはならなかった。映画の専門大学ですらこの通りなのだから、一般の大学生たちがどれほど英語試験の点数にこだわっているかご想像いただけるだろう。韓国の大学は英語くらい喋れるのが当たり前というスタンスなのだ。 大勢が熱中すると、そこには自然とビジネスが生まれる。韓国でももちろん語学ビジネスは拡大していく一方だ。ソウルの街を歩いていると、英語塾の看板をあちこちで観ることができる。特に大学が多く集まる梨大/新村周辺には、時事語学院やパゴダ語学院をはじめ、大小さまざまな語学学校が集まっている。前を通ると、人気講師の写真が張り出されているが、特に人気TOEICティーチャーは広告塔になり、モデルさながらにメイクとドレスアップした写真が英語塾の看板に大きく張り出されている。 競争が過熱すれば、不正な手法に頼るということも発生する。裏口入学があるように、英語民間試験の代理受験が行われていることが発覚したのだ。釜山警察署は、2018年11月8日、代理受験業者一行35人を検挙した。また、SNS上では、TOEICをはじめ各種英語試験の偽造点数証明書を制作する会社の広告が掲載されて問題視されている。 ===== 日本では今回の入試制度の改革は、「一度だけではなく、何度も試験にチャレンジできるチャンスを増やしてあげよう」「日本人が英語を話せないのは受験制度に問題があるからだ。受験に『話す』と『書く』項目を増やしたら、英語を話せる人が増えるだろう」といった利点を期待して計画されたようだ。だが本当に今回のシステムが導入されていたら日本人は英語を喋れるようになっただろうか? 上記に紹介したように、韓国には数人の人気TOEICティーチャーがいる。そこで、TOEIC講義動画を見てみたが、内容はいかに点数をあげるかという「点の取り方のコツ」を中心に展開している。それはさながらゲームのようで、なるほど確かに点数は上がりそうだと納得はするものの、これで本当に英語を話せるようになるのかは正直分らない。 TOEICスコアが高くても話せない 多くの人がビジネスに有利になるからと高いスコアを出そうと躍起になっているTOEICやTOEFL。だが、筆者個人としてはその信頼性には疑問を感じている。 以前、韓国の配給会社で映画買い付けを担当していた。海外で様ざまな国の人と買い付け金額を交渉するため、当然社員には英語は必須である。そのため新入社員の採用の際は、もちろん履歴書にTOEICやTOEFLなど英語民間試験の点数を記入してもらっていた。 面接もなるべくこれらの点数の高い人に来てもらっていたのだが、実際会って「最近見た映画のストーリーとどこが良かったのか英語でちょっと話してみてください」というと、意外にも会話ができない応募者が多かった。なかには「無理です」と英語で話すことさえ拒否する人も。こうした面接を数回経験した後、点数はもう信じないことにし、点数は低くても映画に情熱がある人に面接に来てもらうことに切り替えた。 最終的にオタクなまでに好きな『スター・トレック』の映画についてベラベラ熱く語りだした人を採用したが、これが大正解で、彼は今でもバリバリ世界中を飛び回って映画の買い付けをしている。 日本人は英語を喋れない人が多いのは事実だ。グローバル化が進むなか、それを何とか打開するため大学入試の方法から変えようという取り組みがあったことは、未来に希望がもてる。 しかし、実際にTOEICなどの民間試験で高いスコアを出す韓国ですら試験そのものが目的化されていることをみると、日本の大学入試に民間試験を取り入れても日本人がどれだけ英語をしゃべれるようになるのか疑問が残る。 本当に英語で話せるようになるためには、何より「英語でこのことを伝えたい!」というモチベーションの強さが重要なのではないだろうか。 ===== 韓国カリスマTOEICティーチャーの講義 「TOEIC美女講師チェ・ソア先生のTOEICLC無料特別講義★ Who疑問文」と題された講義 시원스쿨LAB / YouTube  「目が楽しく耳が開ける美女講師キム・ユナのぽっちゃりTOEIC」と題された講義 wings tonic / YouTube  「全国YBM語学院実戦1位のパク・ヘウォン先生の講義」という説明がついた講義 YBM Books / YouTube 



Source link

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。